神戸の人気おすすめデートスポットのビーナスブリッジの行き方

ビーナスブリッジは、神戸を代表する夜景、眺望スポットで、全長90mの螺旋橋は金星台と山頂のビーナステラス(展望台)を結び、市街地から歩いて行ける場所にあります。また、ビーナスブリッジからは港街神戸の絶景を間近に楽しむ事が出来ます。

JR元町駅より歩いて行く場合

JR元町駅の山側にある歩道橋を渡り、生田中学校の西隣の坂道を歩いて行くと兵庫県公館が見えてきます。

生田中学校

兵庫県公館

兵庫県公館を過ぎると兵庫県庁が見えてきますので、1号館と2号館の間の道をさらに山側へ歩いて行きます。

兵庫県庁

兵庫県庁を過ぎると左に相楽園、そして右に兵庫県立のじぎく会館が見えてきます。

相楽園

兵庫県立のじぎく会館

兵庫県立のじぎく会館を過ぎると交差点が見えてきますので、この交差点を渡り山道を登って行きます。

山道を登って行くと諏訪山公園内、諏訪山稲荷神社の前を歩きビーナスブリッジへ向かいます。

諏訪山稲荷神社

諏訪山稲荷神社を過ぎると再度山ドライブウェイに出てきますので、こちらからビーナスブリッジを登って行きます。

ビーナスブリッジ

ビーナスブリッジ

ビーナスブリッジ

バスを利用する場合

JR元町駅東口山側にある、バス停から神戸市バス7系統で諏訪山公園前下車、その後、山道を登ってビーナスブリッジまで約15分前後。

神戸市バス 7系統 元町駅前発 神戸駅前行き

諏訪山公園ビーナステラス

諏訪山公園ビーナステラス
諏訪山公園は六甲山系山麓の高台と自然林を利用した都市公園で、神戸の中心市街地から非常に近く、市街地を見渡せるスポットとして市民の憩いの場所になっており、大きく3つのゾーンに分けられます。

諏訪山山頂の近くには、ビーナスブリッジやレストラン・展望広場・駐車場などあり、ドライブポイントとして観光地化しています。(標高約160m) 山麓から徒歩でのぼったところに位置する中腹の金星台(標高約90m)は、眺望やサクラの花見が楽しめるスポットとなっています。

花と緑のまち推進センター(旧緑の相談所)のある山麓道路(諏訪山線)沿いには児童公園や多目的グランドがあります(標高約50m)。平成16年12月9日、ここヴィーナステラスに、恋人たちが自由に錠を取り付け、願いをかなえられるモニュメントが完成しました。

神戸市役所のホームページより引用

このサイトをフォローする!